Loading

【2023年版】受注管理システムおすすめ15選-価格や機能、比較ポイントを紹介

最終更新日:2023/12/11

おすすめの受注管理システムを価格や機能を元に、ご紹介していきます。
比較ポイントごとにまとめた比較表や選び方を参考に、自社に最適な受注管理システムを選びましょう。

こんなお悩みはありませんか?

などのお悩みをお持ちの方は、受注管理システムの特徴を見て、導入を検討してみてください。

受注管理システムの選び方

受注管理システムの導入を検討する際は次の点に注意しながら選ぶのがおすすめです。

また、システムの提供形態ではクラウド型とインストール型が存在し、クラウド型システムの場合は受注管理システム、インストール型システムの場合は受注管理ソフトと区別して呼ばれることが多くなっています。

クラウド型の場合、複数人でログイン可能な点や比較的安価で利用ができるなどメリットが多いため、最近はインストール型の受注管理ソフトよりもクラウド型の受注管理システムが好まれる傾向にあります。

受注管理システムの導入メリットとしては、
複数モールやカートの受注情報を一元管理ができることと、
業務効率化、人件費等の削減、未然に受注トラブルを抑止することなどが挙げられます。
詳しくはこちらをご覧ください。

受注管理システムの種類

受注管理システムは業界によって必要な機能が異なるため、用途を絞ってシステムを選定することが必要となります。

BtoB向けの受注管理システム

BtoB向けの受注管理システムは、企業間での受発注業務を効率化させるためのシステムです。
受注を管理するのはもちろん、

など、受発注に関する幅広い業務を管理できます。

BtoC向けの受注管理システム

BtoC向けの受注管理システムでは、複数のECモールやカートに出店している店舗様が、各モール・カートの受注をシステム上で一元管理することが可能です。
出店数が多い場合は、ヒューマンエラーや在庫の売り越し等が発生しトラブルが発生しがちですが、一元管理システムを利用することで受注、在庫、商品、出荷一連の業務をシステム上で管理し業務効率化できます。
※細かい機能を知りたい方はこちらの記事をご覧ください
関連記事:受注管理システムとは?特徴と選び方を徹底解説!

受注管理システムおすすめ5選!機能や特徴で比較(BtoB向け)

まずはそれぞれのBtoB向け受注管理システムを比較項目ごとに一覧でまとめました。

サービス名BtoBプラットフォーム受発注楽楽販売CO-NECTMOSアラジンEC
運営会社名株式会社インフォマート株式会社ラクスCO-NECT株式会社株式会社アクロスソリューションズ株式会社アイル
料金
※税抜
要問合せ初期費用:150,000円
月額料金:70,000円~
要問合せ要問合せ初期費用:300万円~
月額料金:60,000円~
無料トライアル要問合せあり(1週間)無料のフリープランあり要問合せ要問合せ
最低利用期間要問合せ課金開始日から6ヶ月後の月の月末
(例:1/1課金開始なら、最低利用期間は7/30まで)
1ヶ月要問合せ制限なし
特徴飲食業界の受発注業務に最適化
受註データを自動で取り込み
マウス操作だけでデータベース構築可
販売管理業務を一元管理
販売管理だけでなく、請求書発行や
取引先への販促メールなどの機能が充実
LINEからの発注にも対応
モバイルからの発注に特化している。
機能のカスタマイズ可
BtoB専用に開発されたEC
業界・業種にあわせてカスタマイズ可能
サポートカスタマーサポートあり電話、メール、個別相談会
サポートセミナーの開催
導入サポート、メール、
チャット・WEB会議・電話対応
(オプション次第)
初期サポート、電話、メール導入から納品後のフォローあり

ここからは、それぞれの受注管理システムについてご紹介していきます。

BtoBプラットフォーム受発注 / 株式会社インフォマート

BtoBプラットフォーム受発注は、株式会社インフォマートが提供している、飲食業界向けのクラウド型受発注システムになります。

幅広い規模の飲食店に使われており、1つのID、そして同じ画面でたくさんの取引先とのやり取りができます。飲食業界ならではの、レシピ情報などの一括管理機能や、取引情報ダウンロード機能、商品マスターアップロード機能など、様々な機能が搭載されています。

楽楽販売 / 株式会社ラクス

楽楽販売は、株式会社ラクスが提供している、クラウド型の販売管理システムです。

顧客との業務を効率化することが可能なサービスで、受注案件と発注の紐づけ、案件ごとに収支や売上予測をすぐに確認、また今までExcelで行っていた作業をシステム化することができます。

CO-NECT / CO-NECT株式会社

CO-NECTは、CO-NECT株式会社が提供している、クラウド型受発注システムです。

受注業務に必要業務が充実しているので、通常の販売管理機能だけでなく、出荷管理や見積書作成、請求書発行、取引先への販促メールの送信などの機能が備わっています。また、LINEとの連携も可能です。

MOS / 株式会社アクロスソリューションズ

MOSは、株式会社アクロスソリューションズが提供している、モバイルに特化したWeb受発注システムになります。

要件(必要な機能・運用ルールに応じた)によってカスタマイズが可能で、受注側も発注側も使いやすいシステムです。また、モバイルに特化しているので、スマホやタブレットで利用しやすい画面の作りになっています。

アラジンEC / 株式会社アイル

アラジンECは、株式会社アイルが提供している、パッケージ型受発注システムになります。

受発注に必要な機能だけではなく、アラジンECには販促機能も搭載されています。各企業・業界や課題に合わせて必要な機能をカスタマイズすることが可能、またスマホやタブレットにも対応しています。

クラウド型受注管理システムおすすめ10選!機能や価格で比較(BtoC向け)

まずはそれぞれの受注管理システムの価格や機能を、比較項目ごとに一覧でまとめました。

サービス名GoQSystemNEXT ENGINERobotシリーズCROSS MALL助ネコTEMPOSTARアシスト店長タテンポガイドクロスマEC店長
運営会社名株式会社GoQSystemHamee株式会社ハングリード株式会社株式会社アイル株式会社アクアリーフSAVAWAY株式会社株式会社ネットショップ支援室株式会社オークファン株式会社IZUMI株式会社ブランジスタソリューション
月額料金
※税抜
15,000円~
(月額定額制)
 3,000円+ 従量課金費用
(受注件数による従量課金制)
要問合せ
(受注件数/サイト数/商品点数による従量課金制)
5,000円~
(サイト数/商品点数による従量課金制)
要問合せ
(受注件数/サイト数による従量課金制)
10,000円~
(受注件数/商品点数による従量課金制)
25,000円~
(受注件数による従量課金制)
11,000円~
(受注件数/サイト数/商品点数による従量課金制)
14,800円~
(SKU数による従量課金制)
9,800円~
(商品点数による従量課金制)
無料トライアル
(20日間)

(30日間)

(15日間)

(30日間)

(30日間)

(15日間)

(3ヶ月間)

(1ヶ月間)
最低利用期間3ヶ月間3ヶ月間1ヶ月間1年間要問合せ3ヶ月間要問合せ要問合せ要問合せなし
特徴月額定額制
専任のスタッフが設定・運用をフルサポート
データ保持期間の制限無し
クリックポストと完全連携
従量課金制
アプリで機能をカスタマイズ・追加可能
楽天市場への出店状況・契約状況に
よって料金プランが変わる
基幹システム「アラジンオフィス」を併用すれば、
実店舗とネットショップ間で密な連携が可能
サポート品質向上の取り組みを
行なっている
ヤフオクの競売にフル対応オプション機能の利用により、
欲しい機能を追加可能
3ヶ月無料で利用することができるシステムの初期設定やモールのストア構築などの
代行オプションが豊富
申し込み初月は無料で利用可能
サポートメール/電話/チャット/遠隔操作メール/電話メール/電話メール/電話メール/電話メール/電話メール/電話メール/電話メールメール/電話

ここからは、それぞれの受注管理システムをご紹介していきます。

GoQSystem(ごくーシステム) / 株式会社GoQSystem

GoQSystem(ごくーシステム)は月額定額制の料金プランを採っているため、受注件数に関わらず固定料金で利用できます。売上が伸びてもシステム利用料金は一定のため、今後売上を伸ばしていきたい方におすすめです。

また、初期設定から運用スタートまで専任のスタッフがフルサポートを行うため、システムに苦手意識がある方でも安心してご利用いただけます。

GoQSystemに取り込んだ受注データの保持期間には制限が無いため、リピーター管理やデータ分析などを期間に制限なく行うことができます。

さらに、クリックポストとAPIで完全連携をしているため、クリックポストの申込・支払手続き・印字を一括で行うことができ、ワンクリックで送り状番号を戻すことができます。

機能詳細
システムの自動化任意の条件と実行処理を組み合わせることで、業務を自動化することができます。
受注ステータス管理受注ステータスを無制限に登録でき、自由にカスタマイズすることができます。
リピーター管理購入回数で注文を絞り込み、メール送信などの処理を行うことができます。
メールの一括・自動配信デバイス問わず、全店舗分のメールを一括・自動で配信することができます。
帳票作成納品書・領収書・発注書・出荷リスト・受注伝票などの帳票を一括で作成することができます。
配送伝票の作成各送り状ソフトに取り込む用の送り状データを一括で作成することができます。(一体型伝票も対応可能)
送り状番号の一括戻し送り状ソフトから出力した送り状番号を一括でシステム内に戻すことができます。モール側への出荷実績の反映もワンクリックで行うことができます。
カスタムCSV任意の項目を選択し、オリジナルのCSVデータをダウンロードすることができます。
備考欄管理備考欄の不要なテキストを削除し、お客様の入力した重要な内容のみ表示させることができます。
顧客管理お客様を5段階でランク付けすることができます。また、お客様に関するメモを残すことができます。
受注分割一つの注文を商品ごとに分割することができます。
Web領収書・納品書メールにURLを挿入し、お客様ご自身で領収書や納品書をいつでもダウンロード・印刷できます。
クリックポストと完全連携クリックポストの申込・支払手続き・印字・送り状番号の戻しをワンクリックで行うことができます。
ダウンロード商品の販売事前にライセンスキーを登録しておけば、注文からライセンス発行、メール送信まで完全に自動化することができます。

GoQSystemの受注管理機能を見る>>

パンフレットダウンロードはこちら

無料お試しお申込みはこちらから>>

アシスト店長 / 株式会社ネットショップ支援室

  • 受注件数による従量課金制
  • オプション機能の利用により、欲しい機能を追加可能

アシスト店長は受注件数による従量課金制の料金プランを採っています。また、オプション機能として欲しい機能を追加することができるようなので、自社に必要な機能を最適な料金で揃えることができます。

助ネコ / 株式会社アクアリーフ

助ネコは受注件数/サイト数による従量課金制の料金プランを採っています。サポート品質向上のため、各種アンケートやさまざまなセミナー・コンクールへの参加などの取り組みを行っています。

TEMPOSTAR / SAVAWAY株式会社

TEMPOSTARは受注件数/商品点数による従量課金制の料金プランを採っています。ヤフオクの競売にフル対応している点が特徴になります。正式連携しているのはTEMPOSTARのみのようですので、ヤフオクがメインの販路の方はおすすめです。

クロスマ / 株式会社IZUMI

クロスマはSKU数による従量課金制の料金プランを採っています。それ以外に、システムの初期設定やモールのストア構築などの代行オプションが豊富に用意されいます。対応モール数自体は他社のシステムに比べると少ないようですので、事前に確認・比較検討する必要があります。

NEXT ENGINE / Hamee株式会社

ネクストエンジンは、豊富な自動化機能を特徴とし、導入実績も多いEC一元管理システムです。また、ECの現場から生まれたシステムなので、EC現場で役立つ機能を搭載しているのも特徴です。変化に強いカスタマイズ性を備えており、独自性が高いシステムとの連携や、細かな設定調整によって、環境が変わってもシステムを変更することなく使い続けることができます。

CROSS MALL / 株式会社アイル

CROSS MALLはサイト数/商品点数による従量課金制の料金プランを採っています。株式会社アイルは基幹システムも提供しており、その中の「アラジンオフィス」を併用すれば、実店舗とネットショップ間で密な連携が可能となっています。

タテンポガイド / 株式会社オークファン

タテンポガイドは受注件数/サイト数/商品点数による従量課金制の料金プランを採っています。受注管理システムの中では最長期間の3ヶ月間無料トライアルがあります。無料トライアル期間が長いので、システムの使い心地をじっくり試すことができます。

Robotシリーズ / ハングリード株式会社

Robotシリーズは受注件数/サイト数/商品点数による従量課金制の料金プランを採っています。楽天市場への出店状況・契約状況によって料金プランが変わるので、楽天市場へ出店済みの方はぜひ1度料金プランを比較してみてください。

また、各機能別にそれぞれのシステムが独立して存在しているので、必要な機能を持ったシステムのみ導入することができます。

EC店長 / 株式会社ブランジスタソリューション

EC店長は商品点数による従量課金制の料金プランを採っています。申し込み初月の月額費用は無料で利用できるため、大変お得なシステムです。

【まとめ】自社に合った受注管理システムを導入。データの一元管理で業務を効率化!

今回は、ネットショップ・ECサイトの受注管理を効率化する「受注管理システム」のおすすめをご紹介しました。どのシステムも対応可能な業務内容や連携可能なショップなど、それぞれ特徴があるので、まずは自社が運営するネットショップに合った受注管理システムを選ぶことが大事になります。

候補になるECの受注管理システムを絞り込めた後は、無料トライアル期間などを利用し、実際に使い心地を確かめてみてください。

GoQSystem(ごくーシステム)のご紹介

下記に当てはまる方は、GoQSystem(ごくーシステム)がおすすめです!

GoQSystemの受注管理機能を見る>>

パンフレットダウンロードはこちら

無料お試しお申込みはこちらから>>