Loading

EC・ネットショップの在庫管理について解説!おすすめの在庫管理方法もご紹介

EC・ネットショップを運営されている方の中には、在庫の管理方法をどのようにすれば良いか、お悩みの方も多いのではないでしょうか?
近年のEC需要の高まりとともに、売上の拡大を目指してECモール・カートの販路数を増やしていく企業は増加傾向にありますが、販路が増えるにつれ、在庫管理の難易度は高まっていきます。

今回はそのようなEC・ネットショップの在庫管理にお悩みの方向けに、おすすめの在庫管理方法をご紹介していきます。

ECの在庫管理とは

EC・ネットショップでは、購入者は楽天・YahooなどのECモールやMakeshop・BASEなどで作成されたECカートを通じて、商品を購入します。
この時、購入者はECモール・カート上に表示されている商品の在庫数を見て、購入の判断を行うため、ECモール・カート側の在庫数は常に最新のデータに更新されている必要があります。

そのため、ECにおける在庫管理は商品の発注・仕入れや入荷、入庫業務だけではなく、商品の販売先であるECモール・カート側の在庫数を現時点の実際の在庫数に更新する業務も含まれます。

ECの在庫管理を正しく行うメリット

ECの在庫管理を正しく行うことで、次のようなメリットがあります。

「売り越し」が起きることで購入者の不満が生まれ、クレームにつながる可能性があります。
また、「売り損」が発生することで、知らぬ間に販売機会を逃してしまっていることもあります。

これらを防ぎ、販売機会を最大化するために、ECの在庫管理は正しく行う必要があります。

ECの在庫管理業務一覧

ECの在庫管理業務には、次のものがあります。

実店舗の在庫管理業務と大きく違う点は、ECモール・カート側で設定する在庫数も更新する必要があることです。
入庫・販売状況に応じて、ECモール・カート側の在庫数をできるだけリアルタイムに更新しておくことが理想ですが、その作業にかかる手間を考慮し、実際の在庫数を各ECモール・カート毎に按分して、事前に設定しておく方法もあります。

ECの在庫を管理する方法4つ

4つを表で比較

ECの在庫を管理する主な方法として、次の4つがあります。

方法おすすめ度メリットデメリット
紙で管理・なし・手作業のため、ミスが起きやすい
・在庫数の集計、計算に手間がかかる
エクセルで管理・追加料金無しで始められる
・誰でも使いやすい
・複数人での管理に不向き
・データ容量に限界がある
自社でシステムを開発する・自社の業務に合わせて、機能を開発できる・システムを開発するための人員が必要
・システムの保守運用コストが発生する
他社のEC在庫管理システムを利用する・最低限必要な機能が揃っている
・サポートを受けられる
・在庫管理以外のEC業務(受注・商品登録など)も一緒に管理できる
・利用料金がかかる

在庫管理には「EC在庫管理システム」がおすすめ

それぞれにメリット・デメリットがありますが、EC・ネットショップを安定して運営するためには「他社のEC在庫管理システムを利用する」ことをおすすめします。

次はそんなEC在庫管理システムについてご紹介していきますので、ご興味がある方はこのままご覧ください。

EC在庫管理システムとは?

EC在庫管理システムの機能

EC在庫管理システムには、主に次の機能があります。

  1. 現在の在庫数の一元管理
  2. 入庫・販売状況に応じて、ECモール・カート側の在庫数の更新

1.現在の在庫数の一元管理

EC在庫管理システム内に在庫数を入力できる項目があり、そこで商品毎の現在の在庫数を一元管理することができます。
この在庫数の項目はCSVファイルを用いてデータの更新ができる場合が多いため、手入力の必要が無く、在庫数の更新作業を効率化することができます。

2.入庫・販売状況に応じて、ECモール・カート側の在庫数の更新

入庫時

入庫時は次の手順でEC在庫管理システム内の在庫数とECモール・カート側の在庫数の更新を行います。

  1. システム内にCSVファイルを取り込み、在庫数の更新を行う
  2. システム内で、ECモール・カート側の在庫数を更新する作業を行う

1.システム内にCSVファイルを取り込み、在庫数の更新を行う

CSVファイルに「SKU/在庫数」のデータを用意し、CSVファイルを取り込みます。

2.システム内で、ECモール・カート側の在庫数を更新する作業を行う

対象商品を選択し、「反映」ボタンを押すことで、ECモール・カート側の在庫数を一括で更新することができます。

商品が売れた時

商品が売れた時は、EC在庫管理システムが自動で次の処理を行います。

  1. 該当商品と、その商品が売れた数をシステム内に即時で取得
  2. システム内で設定している現在の在庫数と商品が売れた数を計算し、計算後の在庫数をすべてのECモール・カートに反映

商品が売れる度に、EC在庫管理システムが自動でこの処理を行うため、ECモール・カート側の在庫数を常に最新の状態に保つことができます。

EC在庫管理システムを比較する際のポイント

EC在庫管理システムの導入を検討・比較する際は次の点に注意しながら考えるのがおすすめです。

「初めてのシステム導入でどのように選べばいいかわからない/システムの乗り換えを検討していて、気軽に相談してみたい」などございましたら、弊社の「無料お問い合わせ」をご利用ください。

貴社のご状況をヒアリングさせていただき、最適なご提案をさせていただきます。

無料お問い合わせに申し込む>>

おすすめのEC在庫管理システムは?

「GoQSystem(ごくーシステム)」がおすすめ

今回ご紹介した機能をすべて持っているシステムの中で、下記に当てはまる方は「GoQSystem(ごくーシステム)」がおすすめです。

GoQSystemについて詳しく見る>>

パンフレットダウンロードはこちら

無料お試しお申込みはこちらから>>